スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

State of Decay

12-11,2013

State of Decay自体は2・3ヶ月前に購入したんだけど
ちょっとプレイして「うーん」とか思っちゃって止めていた。
そのときは「20ドル無駄にしたなー。別ゲー買えばよかった」なんて思ってました。
だけどDLCが発売されてもう一度やってみるかと起動。
そして面白さがやっと分かった。

サバイバル感を楽しむモノと思って買ったのが間違いだった。
このゲームは俗に言うスルメゲーに近いモノだと思う。
建物を探索してアイテム見つけて持ち帰って、建物を探索して...
その過程の中でストーリークエストやサブイベントをクリアしていく。
クエスト自体はやることがあまり変わらない。ゲームシステム上、仕方が無いけど。
ゾンビサバイバルと言えば、ハードコアな緊迫感が必要だと思う。
そこはキャラの体力やスタミナのバランスが上手いこと出来ていて、不注意があれば死ぬ。
そして死ぬとキャラクターは生き返らないシステム。そこで緊迫感がでる。
残念だと思った点は出来ることが少ない事。
拠点での集団生活。終末系の作品だと争いや意見の食い違いとかがメインだったりするけど
このゲームだとその要素は薄い。ちょっとした影響はあるけど。
あとCoopが無い事。シングルだから可能なシステムもあるけど、やはりCo-opは欲しかった。

20ドル分の価値があるかはちょっと難しいけど
ハマれば長時間遊べると思う。同じことの繰り返しが嫌いな人はやめといたほうがいいと思う。
スポンサーサイト

今回のセール購入品

12-05,2013

ダウンロードゲーム販売サイトのセールは殆んどが同じ時期に来るので
大手のSteam以外でもいろいろと物色。
今回買ったのは以下3つ。
Dominions 3: The Awakening
Far Cry 3
Age of Wonders: Shadow Magic

本当はMight & Magic Heroes VIも欲しかったけど、買いそびれた。
Dominionsは前回の記事で書いたので、他2つを軽く。

Far Cry 3をプレイして最初に感じたのは
もうUBIの十八番といってもいいような、オープンワールドゲーだなということ。
アサクリのFPS版とでもいうか、いろいろとシステムが似通ってる。
Far Cry 2の方は正直、イマイチだった。ただ3は今の所面白い。
前回の悪いところを修正して、ユーザーの事を考えてある親切設計。
ストーリーは特に気にならないけど敵キャラのVaasの演技は素晴らしい。ザ・マジキチ。

Age of Wondersの方は新作が出るということで知った。
調べるとこの手のストラテジーではHoMMと並んで名作とされてるというので購入。
Steamで半額セールもきてた。
そして何より素晴らしいのは日本語化されてるということ。
こういう古いゲームの日本語化は本当にありがたい。

今回買ったのはどれも当たりだった。
次回の目標はHoMMシリーズと、何度も買いそびれてるUnreal1・2かな。

がんばって記事を書いてみる

12-03,2013

早くも書くことが無くなってきた。
なんでいろいろと、構成とか特に無いけど書きます。

Gamersgateでセール中の「Dominions 3: The Awakening」を購入(5ドル)。
Dominions 4が発売された時にこのシリーズを知ったけど、ちょっと高くて手が出なかった。
ゲーム内容はストラテジーゲームで地域をどんどん制圧していく。
パラドゲーとかに近い?かな。
目的は自分の信仰する神様候補を神様にするために各地の別の神様候補を倒す。
700以上の魔法が存在したり、神様候補は様々だし、面白い。
日本語Wikiがあって、チュートリアルが翻訳されてる。かなりありがたい。
BGMも良い。調べてみるとスウェーデンのフォークソングらしいけど。これが流れます。

昨日(正確には今日)の深夜にやった配信。地味に人が多くて嬉しかった。
びっくりしたのは0時30分くらいに見た視聴者数より、3時に見た視聴者の方が多かった事。
レスも多かった。見てくれた人ありがとうございます

Kickstarter。ゲーム情報サイト見てると、資金調達に成功したゲームってのはよく見る。
でも調べてみると出来上がったゲームが残念だったり
そもそも完成しないで持ち逃げ状態ってのがかなりある。。
大刀-Daikatana状態なのかな

DayZゲーとでも言おうか「Miscreated」のαテストPre-Orderが始まった。
にしても、DayZの影響はMinecraft並に広がってると思う。
DayZの流行以降、一気に類似ゲームが出たし、大手会社からも。
次にくるゲーム界の流行ってなんだろうな。

Indie Games

11-22,2013

ここ最近は俗に言うトリプルAのゲームをあまりプレイしてない。
ってな事で面白かったor独創的だったゲーム紹介。

Papers,Please(10ドル)
入国審査官となってパスポートや、IDカード見て入国を承認or拒否するゲーム。
ゲーム内容は間違い探し。身長・体重がおかしい、顔が違う、書類に不備がある等々を見つけるだけ。
ただアドベンチャーゲームに属してて、ストーリーがある
主人公は家族があり、仕事の出来が悪ければ給料が下り、家族が飢えたり凍えてしまう。
謎の集団に特定の人物を入国させるなor殺せと言われたり
家に帰ると何故か大金が包まれた袋が置いてあったり
いろいろ分岐があり値段の割りにかなりのボリューム(一つのED出そうとするだけで5時間はかかる)

Risk of Rain(10ドル)
ローグライクなシューター。
キャラクターが何人かいて、それぞれに全く違った能力を持ってる(キャラはアンロック)
勿論やり込み度は高い部類。難易度も同じく高い。
絶賛ハマってます

Sir, You Are Being Hunted(20ドル)
DayZ以降、似たようなサバイバルゲームが増えてるけどこれもその一つ。現在はα段階。
目的は各地に散らばった光る石を集めること。
雰囲気は独特。敵はロボットでいくつか種類がいる。
αだけどアイテム数は多いかな。DayZもそうだけど飢えの要素はおまけレベル。
難易度は高めだけど、セーブの概念があるのでじっくりやる感じか。

ちなみにPoEは配信中を含め2連続でラグ死。どちらも防げるレベルではあったけど
なのでちょっと休憩中。

死にました

11-12,2013

死んだ経緯
Storm Herald属性のレアモンスター出現(周囲に雷を降らしまくる)
「痛いけどまぁいけるかな」→思ったより減る
Portalを開いて帰ろうとするもミスクリックの連続で体力が1割を切る
「ヤバイッ!」強制ログアウトをしようとするが焦って更にミスクリック。option画面を開く

You have died

2013-11-12_00001.jpg 2013-11-12_00002.jpg

俺の11時間5分オワタ。
悲しげに開いたままのPortal。側には金色に輝くレアモンスターと動かなくなったScionちゃん。
この辺りで死ぬとは思ってなかった。正直、死に方もショボいし恥ずかしい。
軌道にのれば2週目は楽にいけるものなのに
FPSやってないからかミスクリックの連発
ウェブページ見てるときも違うところクリックしたりするのが最近増えてきてる

未だ3週目をクリアできず。いつになったら出来るだろうか・・・。
それよりもマウス操作の精度上げないとやばいかなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。